【ハム肉離れ】24時前に就寝できれば肉離れは防げる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 スポーツをしている限り、永遠の課題かも知れない「ハムストリングの肉離れ」。股関節ー膝関節をまたぐ “2関節筋” である「ハムストリング」の解剖的な特徴により下記のようなことが長年、『肉離れ』のテーマとして話題になってきた。

  • 運動フォーム
  • 主動筋/拮抗筋の筋力比
  • 神経筋の収縮ユニットにおける神経内伝達の問題

まずはYoutubeにアップされている下記の動画で、様々なスポーツ場面で「ハムストリングの肉離れ」を引き起こす瞬間をご覧ください。

どのスポーツも苦痛に顔をゆがめ、プレー続行が不可能なだけでなく、相当なダメージであることが見て取れる。

どの選手もなりたくて「肉離れ」を引き起こすのではないので、できれば、そんな不運には遭遇しないようにしたいところだが、前兆を自覚できないだけになかなか厄介なスポーツ障害ではある。

 

 

肉離れと就寝時間?

クラウドで選手個々のコンディショニング管理を進める「CLIMB FactoryスポーツITカンパニー(以下、略称「クライムファクトリー」とする、http://www.climbfactory.com/)」によると、

過去のアスリートが入力してくれたデータから興味深い知見を提供してくれている。

すなわち…

  • ベストコンディションにするためには、朝の体調が良くなければならない。
  • 朝の体調を良くするには、「就寝時間」や「起床時間」よりも『平均就寝時間』が大切だ。
  • 朝の体調が良い原因は、『睡眠の質』を上げる必要がある。

 

だが、“肉離れ” については違う知見が分かってきた。

 

肉離れのリスクを回避したければ、24時前に寝ろ?!

〜就寝時間による “肉離れ” の割合〜

表を見て欲しい。これはクライムファクトリーが毎日入力してくれている「選手の主観的データ」と実際に傷害が発生した「客観的な記録」とを照らし合わして傾向を導きだした一つです。

それによると、「肉離れのリスクを回避したければ、24時前に寝た方が良い」ということになる。これがなぜだかは、どなたか教えて欲しいが、傾向としては24時前にベッドに入り、翌日に備えた方が良さそうである。

  選手数 傷害選手数

筋肉系

ケガ人割合

〜24時間前就寝 12人

4人

33.3%

24〜以降就寝

15人

8人

53.3%
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

無料「メルマガ」お申込み:医療サービス欧州No1に輝いたオランダ。そのオランダの徒手療法からの有益な情報を得られます!

オランダ徒手療法では「使える技術」、「考える力」、「手を育てる」ことにこだわり、これまでになかった “結果” にこだわった業界で唯一の体系化された世界の技術・理論です。

その有益な下記のような情報を皆様にお届けしようと、メルマガを配信しています。その範囲は広く、

・問診

・テクニック

・治療計画

・トレーニング

・心理的な問題へのアプローチ

…までを総合的に捉えアプローチしていきます。

メルマガでは、その「考え方」や「アプローチ方法」、「結果を引き寄せるための方法」などを惜しみなくお伝えしています。

是非、あなたの臨床やスポーツ現場でもご活用ください。


無料「メルマガ」のお申込み

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

土屋のオランダ徒手療法を知りたい人は
土屋のオランダ徒手療法を知りたい人は
土屋のオランダ徒手療法を知りたい人は
土屋のオランダ徒手療法を知りたい人は